お知らせ 

画像

はっと作り体験・スノートレッキング

2020年3月23日

少し前の話ですいません。3月1日にツアーの外国人のお客様が祭畤を訪れ「かみくら」で、はっと作り体験をしてくださいました。「はっと」とは東北各地にある郷土料理で、「すいとん」と似たような感じのものでもあります。

当館にいらっしゃる前は「和かんじき」で、スノートレッキングをお楽しみいただきました。当館の関係者もガイドのひとりとして同行しました。真湯のブナの原生林の中の足跡がついていない雪の上を専門ガイドの案内で歩きました。
数種のキツツキがいるブナ林、ガイドさんの「木をつつく時間で種類がわかる」という、説明を聞いたあと、ほぼ無音の森林の中に響くキツツキの音に耳を傾けてました。暖冬のため「木々の春芽」も出てきて観察できてとても満足しておりました。

 

休憩の後、「かんじき」を脱ぎ古道の散策。小さな滝や、須川温泉からの酸性の強いながらも透明な川の水が、化学変化を起しエメラルドグリーンに変わる景色などを楽しみました。

そして、お楽しみの「はっと作り」最初から作ると時間がかかってしまうので、今回は「はっと」をちぎってお汁に入れる体験をしていただきました。独特の感触の固まりを、ちぎっていれるのですが、皆さん笑顔で楽しそうに体験していただけました。
(写真は「笑顔」というより「真剣」な写真ですが・・・)

昼食後は、ゆっくりと温泉でお休みいただきました。

当館は大自然の中にあります。春夏秋冬どの季節も違った美しい景色を見られます。マスクを外して深呼吸の出来る場所がたくさんある。いちのせき 祭畤 真湯 に是非お越し下さい。